グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2016年07月07日

牛革バッグ(大型)のファスナーと持ち手の修理

大型の牛革バッグのファスナーと持ち手の修理をしました。

▼(修理前)
そうとう使い込んだバッグで、2本あるファスナーのうち1本は切れてしまっていて
もう一本も動きがだいぶ渋いです。



▼(修理後)
ファスナーを2本とも新品に交換しました。


▼(修理前)
持ち手は裏側は擦れてしまっていて、表側は汚れて、表面が割れてしまっています。



▼(修理後)
新しい革で持ち手を作り直しました。ミシンが入りませんので手縫いで仕上げました。


▼(修理前)
コバ(革の端の部分)も塗料が取れてしまっていて、ヨレヨレでした。


▼(修理後)
コバを補強して塗料を塗って仕上げました。


これで完成です。



  


Posted by まさ at 21:33Comments(0)持ち手の修理

2016年06月07日

スナップオン(Snap-on)の革製工具かばんの修理

スナップオン(Snap-on)のヌメ革でできた工具かばんの修理の依頼が来ました。

▼修理前▼





表と裏に厚いヌメの一枚革、側面には鉄枠入りのヌメ革を使った工具入れです。
長年使っているらしく、側面の革には穴があき、持ち手も相当傷んでいます。





表と裏の革を取り払ってみると、側面の革も相当傷んでいることが分かります。



「側面を外側と内側から補強してほしい」との依頼でしたが、補強ではなく側面を作り直すことにしました。
その方がきれいで強くなりますから。



▼完成です▼



ファスナーは外してきれいに洗ってメンテナンスをして、また使いましたが
持ち手、側面部分、ファスナーの引手はすべて新しく作り替えました。





また、傷んでいたコバも丹念に磨いて仕上げました。





表と裏の革も新しい革で作ることができますが、そうすると、新品のかばんになってしまいます。

せっかくの愛着が消えてしまわないよう、表・裏の革を残すのが修理だと思っています。

ファスナーの縫い付けはミシンですが、他はすべて手縫いで仕上げてあります。

もともと頑丈なかばんですから、手縫いでひと針ずつしっかりと縫わせていただきました。




  


2016年05月11日

オリジナル革バッグ完成



当店オリジナルの革バッグが完成しました。
宇都宮店の女性スタッフがお客様の依頼で作ったものです。

▼動画でご紹介▼



▼肩にかけると・・・
  


Posted by まさ at 06:32Comments(0)オリジナルバッグ

2016年03月12日

クラッチバッグにショルダーベルトを追加(前橋市S様)

前橋市のS様、クラッチバッグにショルダーベルトを追加、出来上がりました。

▼動画です▼





ベルトの幅が狭いので縫わずに金属の鋲でカシメました。



前橋市のS様、ありがとうございました。

革のベルト等が縫い付けてあるバッグが多いですが
縫い目は切手のまわりの穴と同じで、穴をあけるほど革はそこから切れやすくなります。
力のかかる持ち手などの取り付けで、横方向に縫ってあったら要注意です。  


Posted by まさ at 19:17Comments(0)持ち手の修理

2016年03月11日

ヴィトンのバッグの口回り革の交換(完成)前橋市A様

ヴィトンのバッグの口回り革との交換と、横についているヒモ状の革の作り替えが出来上がりました。

▼動画です▼





新しい口回りの革は厚みが1ミリで今までよりだいぶ厚くなっていますので
より長期間いい状態で使っていただけると思います。



また、よこの紐革もちょっと厚めの革で作りましたので
既成のものより丈夫です。



前橋市A様、ご依頼ありがとうございました。


  


Posted by まさ at 19:46Comments(0)

2016年03月03日

バッグの持ち手の作りかえ(完成) 前橋市のT様

前橋市のT様、バッグの持ち手の修理が出来上がりました。

▼動画です▼





ひび割れてしまっていた持ち手は、牛革で新たに作り直しました。
できるだけ同じように再現しました。





ありがとうございます。

  


Posted by まさ at 19:30Comments(0)持ち手の修理

2016年02月28日

牛革クラッチバッグの内袋交換(作業前) 宇都宮市小久保様

宇都宮市の小久保様、牛革クラッチバッグの内袋交換のご依頼、ありがとうございます。

▼動画です▼




この内袋もウレタン合皮ですので、経年劣化でベタベタ・ボロボロになってしまっています。

また、カブセの内側も変色してしまっていますね。

内袋はコゲ茶色のシャンタン生地で作り直させていただきます。







では、出来上がりましたら動画と写真でお知らせいたしますので、見てくださいね。




  


Posted by まさ at 20:05Comments(0)ベタベタ内袋交換

2016年02月27日

クロコバッグの持ち手交換(完成) 足利市S様

足利市S様、クロコバッグの持ち手が出来上がりましたのでご覧ください。

1月24日のブログの時点ではクロコの革で作ると言ったのですが、

若干色が違っていましたので、牛革で作り直しました。

▼動画です▼



また、すれて白っぽくなってしまっていた部分は色を入れて直しました。








足利市のS様、ありがとうございました。



▼作業前の動画と写真です▼











  


Posted by まさ at 16:50Comments(0)持ち手の修理

2016年02月08日

ヴィトンのフチ(パイピング)交換 宇都宮市のO様(完成)

1月28日の記事でご案内いたしました宇都宮市のO様、ヴィトンのパイピングの交換が出来上がりました。

▼動画です▼(始めだけちょっとピンボケでごめんなさい)





バッグを分解して古いパイピングをはずし、新しい革で作ったパイピングをつけました。
古いパイピングの革は0.5ミリくらいの厚みでしたが、新しいものは1ミリの革でつくりましたので
長期間使っていただけると思います。



前ポケットのフタのフチの部分も色を塗ってきれいに仕上げておきました。



また何かありましたらご用命いただけますようお願いいたします。
ありがとうございました。

  


Posted by まさ at 16:23Comments(0)パイピング修理

2016年01月28日

ヴィトンのフチ(パイピング)交換 宇都宮市のO様

宇都宮市のO様、ヴィトンのフチの交換の依頼をいただき、ありがとうございます。

▼動画です▼






このバッグのフチ(パイピング)の革は薄いので、使っているうちに切れて
中が見えてしまうことが多々ありますね。
他の部分の耐久性が高いだけに残念です。



底から見るとフチの4か所が同じように切れてしまっています。




このままフチ部分だけに革を当てて直したり、パテで直して色を塗る方法もありますが

今回はバッグの分解して新たな革でパイピングを作り直す方法で修理いたします。

では出来上がりましたらまたアップしますね。


▼2月8日にアップした完成後の動画です▼(始めだけちょっとピンボケでごめんなさい)





  


Posted by まさ at 20:12Comments(0)パイピング修理